京都でフランス家庭料理を主宰しております。
by chezchieko
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
お気に入り
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
検索
タグ
最新の記事
ディル
at 2017-07-14 19:46
ポットラック
at 2017-06-07 17:53
ひよこ豆
at 2017-04-14 17:28
柑橘系
at 2017-04-08 21:38
乳酸キャベツ
at 2017-01-23 18:35
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

5月の教室

5月のメニューはご紹介させて頂きました通り エキゾチックなお料理でまとめたおります。
スパイスがきいたりハーブの香りがしたりと夏向きのお料理をお楽しみください。
音楽も少しエキゾチックです。
e0187903_2163130.jpg

数年前にフランスで購入したピエールフレイのクロスを使ってみましたが、大きすぎて折角のサイドの柄が見えなくなってしまいました。実はこのような柄なのです・・
e0187903_2184738.jpg

ほたるいかのクスクスサラダ
本来はレバノン料理です。スムールというお米のようなパスタとお野菜を一緒にサラダにします。
日本で呼ばれているクスクスというのは実は料理名で正式には「タブーレ」と言います。
上賀茂で収穫したきゅうりや紫玉ねぎを使い、一足先に夏野菜を楽しんで頂きました。魚介やツナとともにサラダにしたり、ほたるいかの代わりに今が旬のかつおのたたきでも美味しく出来ます。
e0187903_21154254.jpg

バニラとシナモン風味の鶏のタジンと春野菜
タジンとはモロッコの料理でとんがり帽子のようなお鍋は砂漠のあるアフリカの貴重な水を大切にするため少量の水で料理ができるよう使われているお鍋です。国の文化を感じます。
バニラやシナモンの甘い香りにドライアプリコットやはちみつが効いた不思議なお味。今回はいんげん、きぬさや、エンドウ豆とこちらも収穫したての春野菜をたくさん使っております。手作りのアリッサとともに・・
e0187903_21211571.jpg

ドライパイナップルとカモミールの焼き菓子
カモミールシュガーをまぜたセモリナ粉とオリーブオイルで作る身体に優しいお菓子です。
パスティスという南仏で飲まれているアニスのリキュールでコンポートした沖縄産のパイナップルとともに・・
e0187903_21245195.jpg

モロッコ風ミントティー
モロッコのミントティーは甘いミントティーです。モロッコグラスでどうぞ・・
e0187903_13574617.jpg

[PR]

by chezchieko | 2010-05-21 21:28 | Comments(0)
タジン鍋を使って

FIFAワールドカップのメンバーも発表され、いよいよ待ちに待った岡田JAPANの活躍が楽しみです。
もちろんフランス グルノーブル在籍の松井選手も選ばれました。(拍手)
開催国である南アフリカのあるアフリカ諸国はフランスにも近く、フランスの統治下であった国がたくさんあり、フランス語が話される国も多数あります。ちなみに南アフリカは旧イギリス領です。


5月のメニューは フランス人も大好きなお料理でとても身近な国モロッコのお料理をパリ風にアレンジされたものをご紹介致します。
フランスは人権国家 多民族国家でたくさんの民族とともに生活しております。
現に私がホームステイをしていた家の前にはモスクがあり、美味しいレバノン料理店がありました。
日本で言う「郷にいれば郷に従え」ではないですが、さまざまな国の人たちもフランス人として受け入れられます。ただ、フランスにいても故郷のスタイルを貫くと非常に生活するのが難しくなる国です。移民の暴動やベール問題などまだまだ課題は山積みのようですが・・
e0187903_21145960.jpg

今月のお料理は私がパリのマダムに教わった料理をアレンジしてお届けいたします。

ほたるいかのクスクスサラダ

バニラとシナモン風味の鶏のタジンと春野菜

ドライパイナップルとカモミールの焼き菓子

モロッコ風ミントティー

    ※前菜の魚介は仕入れによって変わります。
[PR]

by chezchieko | 2010-05-14 21:15 | Comments(2)