京都でフランス家庭料理を主宰しております。
by chezchieko
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
お気に入り
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
検索
タグ
最新の記事
ディル
at 2017-07-14 19:46
ポットラック
at 2017-06-07 17:53
ひよこ豆
at 2017-04-14 17:28
柑橘系
at 2017-04-08 21:38
乳酸キャベツ
at 2017-01-23 18:35
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ヴァカンス
毎日暑い日が続きますね。
e0187903_10293995.jpg

教室は8月、9月とお休みを頂きます。
皆さま、夏バテにご注意されて楽しい夏休みをお過ごしくださいませ。

[PR]

by chezchieko | 2011-07-25 10:30 | Comments(0)
7月の教室
お暑い中、お越し頂き有難うございました。
e0187903_9494818.jpg


テーブルは 先月行った大阪のスペイン料理のお店に影響を受けました。
マットな木の感覚に安らぎを感じました。今、注目されているノルディック料理に通じるものも感じたり・・ クロスはカーテンを取り換えた時の余りのリネン生地。
 
いつものバカラやクリストフルはお休み頂いて・・
北欧ブランドで・・
高木正勝さんの幻想的な音楽とともに・・
e0187903_956445.jpg


すいかのガスパチョ
e0187903_9575578.jpg

ガスパチョとは スペイン セビリアの料理で トマトベースにキュウリやセロリ、にんにくなどをミキサーにかけて頂く冷製スープのことです。フランスはよく果物を使ってスープを作りますが、そのアレンジですいかで作ってみました。身体を冷房で冷やすのではなく、すいかで冷やしてみてはいかがでしょう?

ラタトゥイユ
e0187903_101289.jpg

ラタトゥイユとは夏野菜をトマト缶でごったにした南仏料理です。
色々な国のお野菜を一度に煮てみようと思ったのが始まりらしく いかにもフランスらしい発想です。
今回はケイパーやヴィネガーを使い、缶詰を使わずに野菜そのものの味を生かしたイタリアのカポナータのような作り方でご紹介いたしました。にんにくはお好みですが、野菜の味を損なわないよう今回は入れずに仕上げました。

豚と玉ねぎのロースト
e0187903_1053846.jpg

新玉ねぎと豚塊肉をポットで優しくロティ。ローズマリーとにんにくの香りを効かせました。
ポットで蒸し煮するので軟らかく仕上がります。
e0187903_1012594.jpg

ゲランドのフルル・ド・セルとシャンパーニュ地方のマスタードとともに・・


フルーツサラダ と アボカトのアイスクリーム
e0187903_1015541.jpg

季節のフルーツをオレンジジュースとコアントローやシロップでわったもの。ヴァニラビーンズの香りが決め手です。
アボカトアイスクリームは卵黄や生クリームを使わず、アボカトのねっとり感が大いに活躍しました。

FEUILLE DE CHEVRE(フィーユ ド シェーブル)
e0187903_102218100.jpg

夏にぴったりの爽やかなシェーブル。冷たく冷やしたフルーティーな白ワインと・・ 
[PR]

by chezchieko | 2011-07-25 10:25 | Comments(0)
The d'ete

毎日、暑い日が続きます。7月の教室では、デザートとともにフレンチサマーティーでおくつろぎ下さい。
暑い夏のお稽古のみ、お越しになられた時に冷たいお飲物をお出ししております。
今年は何かな?お楽しみに・・・
e0187903_2215196.jpg

7月のメニュー

 Entrées  すいかのガスパチョ

       ラタトィユ

 Plats   豚肉と玉ねぎのロースト

 Desserts フルーツサラダ アボカドのアイスクリーム
[PR]

by chezchieko | 2011-07-04 22:04 | Comments(0)
お稽古 補習

e0187903_16504883.jpg

タルト生地がいまいち習得できていない生徒様のために単発補習レッスンを行いました。日ごろは時間の関係上、こちらの方で下準備がなされていることが多いため、できるだけこのような声にも対応して参りたいと思います。教室でしたけれども、もう一度してみたいメニューや分からないのでもう一度復習したい部分がおありの方は是非お声かけくださいね。
[PR]

by chezchieko | 2011-07-03 16:51 | Comments(0)
6月の教室

例年より暑く、節電の対策もあれこれ考える6月でしたね。
e0187903_9513850.jpg

今月は メロンをイメージした黄緑とグレーのテーブルです。
e0187903_9264818.jpg

偶然見つけたグレーのドット柄のガーゼのはぎれを購入していたのを思い出し、偶然にもエッフェル塔のナフキンがドット柄で合わせることができました。

今月はお野菜のブイヨンを取りながらのスタート

Entrées ウニのグラチネ
e0187903_929274.jpg

ウニと生クリームを合わせたものにお野菜のブイヨンを加え、グラチネしたものです。フランスではウニは日本ほど高級ではありませんが、日本のようにふくよかなものでもありません。でも、味はちゃんと濃厚です。ブールクラリフェで焼いた食パンとともに・・

Plats   すずきのサフランソース 季節の野菜とともに
e0187903_93373.jpg

スズキは今が旬のお魚、皮目をしっかり焼いてポアレ致しました。サフランソースは野菜のブイヨンを煮詰めてバターでモンテ、季節のフレッシュトマトを煮詰めた簡単ソースで味に変化をつけました。季節のお野菜はお取り寄せのお野菜を添えました。おクラスによって届くお野菜が違い、フランス産えんどう豆やビーツ、セロリの花など、どのおクラスも各々素敵な一皿を仕上げて下さいました。

Desserts ヨーグルトのムース メロンのスープとミントのジュレ添え 
e0187903_940594.jpg

ミントやフヌイユはメロンと大変相性の良いハーブです。そのミントをジュレに致しました。ヨーグルトのムースはさっぱり味ですので、もう少し濃厚なムースがお好みの方はフロマージュブランでも
作ることができます。メロンのスープはキルシュで香り付けしてたっぷりと注ぎましょう。

フロマージュ ラボ ブルビー レ クリュ LAVORT BREBIS LAIT CRU
e0187903_9435037.jpg

羊の生乳を原料とするセミハードのもの。ミルクの味が濃厚でくせがなく食べやすいので大変好評でした。
フロマージュミテスさんは只今、熟成士エルベモンスさんの研修にフランスに行かれています。ご帰国後さらに美味しいフロマージュをセレクトして下さるでしょう。

※フロマージュのお写真が行方不明です。見つかり次第アップさせて頂きます。
 ワインはラングドックルーションのビオワインです。
[PR]

by chezchieko | 2011-07-01 09:53 | Comments(0)