京都でフランス家庭料理を主宰しております。
by chezchieko
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
お気に入り
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
検索
タグ
最新の記事
ディル
at 2017-07-14 19:46
ポットラック
at 2017-06-07 17:53
ひよこ豆
at 2017-04-14 17:28
柑橘系
at 2017-04-08 21:38
乳酸キャベツ
at 2017-01-23 18:35
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

お客様をお迎えする日
12月1月は お客様をお招きすることが多くなりますね。

前日、少し下準備をして 当日は開始時間1時間半前くらいから準備し、出来上がる程度のお料理を考え、お客様とともにテーブルに座り、お食事やお話を楽しみます。あまり頑張りすぎるとお招きするまでに疲れてしまいます。そしていつも作りなれているお料理でもてなすのがコツです。

まずは お玄関周りのお掃除から・・

e0187903_10434192.jpg


あらかじめテーブルに必要な器を並べ、テーブルセッティングをしてみる。

e0187903_10441083.jpg


今回は リースの色に合わせ テーブルクロスをなしにする。

e0187903_10445335.jpg


まずはお客様がいらした時にワインとともにすぐに召し上がって頂けるアミューズを準備。

e0187903_10453553.jpg



e0187903_10474068.jpg


お客様から連絡が入れば 冷やしていたものをグラスに・・
できるだけ短時間で美しく盛りつけられるように、家族のメンバーをフル活用。

e0187903_1051346.jpg



e0187903_10521472.jpg


下準備しておいたお料理をオーブンへ・・

e0187903_105308.jpg



e0187903_118464.jpg


デザートも手作りから市販のものまで数種類用意し、ビュッフェ形式に・・

e0187903_10542938.jpg



e0187903_10591113.jpg



メインのお料理は少しお話が落ち着いたころにお出しします。煮込みやオーブン料理にすると手がかかりません。
フランスから持ち帰ったものなど市販品やフロマージュなど 話題性のあるものを準備するとお話の幅を広げることができます。

menu
カニとアボカド
エビのメキシカンカクテル
タラのブランダード風クロケット
タコのアヒージョ
ベトラーヴと赤かぶらのサラダ
ひき肉のパイ
パエリヤ
チキン セザム    etc・・・
ショコラ オ グリオットなど数種類
              

[PR]

by chezchieko | 2011-12-27 11:10 | Comments(0)
Joyeux Noël
e0187903_2285878.jpg


     皆様、大切な人々と 心温まるクリスマスをお過ごし下さいませ。

                           -ギャラリーラファイエットー

[PR]

by chezchieko | 2011-12-24 22:12 | Comments(0)
Pot au feu
ポトフとは 火にかけた鍋という意味です。
牛の色々な部分や仔羊、仔牛などとたっぷりのお野菜を時間をかけて煮込みます。
トロンシェ通りのすぐ近くに朝からいい匂いのするポトフを食べさせてくれるお店があり、
すね骨の髄の部分もとっても美味しいです。

e0187903_2154947.jpg


まずは スープから・・
e0187903_215735.jpg




そして たっぷりの野菜と肉を 岩塩やマスタードとともに・・
e0187903_21584684.jpg


余ったスープでオニオングラタンスープを作るというのがフランス人の知恵です。
注)お店のスープはもっとたっぷり量があります。

[PR]

by chezchieko | 2011-12-24 22:05 | Comments(0)
小石原ポタリー
小石原の窯元と長尾智子さんによって作られた器で、パリのローズベーカリーで使われております。

e0187903_12482162.jpg


赤かぶらとベトラーヴのサラダ

ローズベーカリーで食べたものをアレンジしてみました。ベトラーヴとはビーツのことで、スーパーに行くとビオの蒸したベトラーヴが真空になって売られています。ほのかな甘みが美味しい。

[PR]

by chezchieko | 2011-12-22 12:53 | Comments(0)
カヌレ
 日本のアンティークショップを覗いたり・・でも、サイズがまちまちで・・
かねてから探していた銅製のカヌレ型を パリで購入致しました。小さくてもずっしり重い。重いものを持ち帰るのは嫌いではありますが、心地良い、やっと手に入れることができた嬉しい重さでした。

e0187903_22182568.jpg


カヌレはボルドーのお菓子。修道院で作られていました。修道院ではろうそく作りのために蜜蝋を作っており、バターの代わりに型に蜜蝋ぬって作っていたのです。カヌレとはフランス語で溝のことを言い、ギザギザのある型で焼くのが特徴です。

e0187903_2219115.jpg


私はパリのタイ料理の先生のお宅でご主人がボルドーよりお土産にお持ち帰りになられたカヌレをティータイムに頂き、その美味しさが忘れられません。

[PR]

by chezchieko | 2011-12-17 22:21 | Comments(0)
Guiloguilo/枝魯枝魯 Paris
坂を上り モンマルトル近くまで行くと 
以前は京都でお店をされていたGuiloguiloがあります。

e0187903_2121518.jpg


先付けのひとつで出された豚と里芋のリエット。
ジンジャーが効いて、うまく日本の食材の里芋を使っておられました。

リエットを作る時は 背脂を入れますが、今回、その代わりになるのが里芋です。
黒コショウをたっぷり振って仕上げました。

[PR]

by chezchieko | 2011-12-10 21:15 | Comments(0)
Plat du jour


Plat du jour とは 今日の一皿 今日のおすすめ料理 という意味合いです。よくお店の前のメニュープレートに書かれていますよね。

偶然入ったビストロカフェ・・Plat du jourは・・
豚バラ肉の煮込み バケット付き

e0187903_2194686.jpg


パリのビストロのコースメニューといえば・・
entree+plat
plat+dessert
entree+plat+dessert
の中から選びますが、日本の様に程よい量感ではありませんので、どれも美味しそうとよくばってフルコースにすると機嫌良くentreeとともにワインを飲んで(この時間は相当長い)platを食べだしたくらいから全て食べきれるか不安になって来ます。
entreeはとても魅力的なお皿が多いのですが諦めて、私はいつもplat+dessertを選びます。

今日の豚バラ煮込みは タマネギ セロリ 生ソーセージをベースに 表面をしっかり焼きしめた豚バラ肉 ワインやトマト缶とともにじっくり煮込みました。

[PR]

by chezchieko | 2011-12-08 21:14 | Comments(0)