京都でフランス家庭料理を主宰しております。
by chezchieko
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
お気に入り
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
検索
タグ
最新の記事
ファイヤービーン
at 2017-09-25 22:49
ディル
at 2017-07-14 19:46
ポットラック
at 2017-06-07 17:53
ひよこ豆
at 2017-04-14 17:28
柑橘系
at 2017-04-08 21:38
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

味の記憶


e0187903_0272693.jpg


どこかのレストランで頂いて美味しかったメニュー。
こんな感じだったかなと、味の記憶をたどって作ってみる・・

筍とホタテのジェノベーゼ風

ゆがいた筍と、さっと表面をボイルしたホタテ、スナップエンドウにジェノベーゼソースを加えた前菜です。ジェノベーゼソースは新じゃがいもやグリーンの濃い野菜、いんげんやアスパラと合わせても美味しく頂けます。
[PR]

by chezchieko | 2012-03-31 00:28 | Comments(0)
Sel de Guerande /ゲランドの塩
e0187903_20385171.jpg


こちらは カルチェラタンのマルシェ ミッシェルさんのスタンドで購入したものです。
ミッシェルさんは ラスパイユやバスティーユのマルシェでも会うことができます。
ハーブ入りのフルールドセルも数種類あり、ローズマリーとバジルを選びました。

e0187903_13252571.jpg


塩田の表面にできる塩の結晶はフルール・ドゥ・セル、その下にできるものは粗塩のグロ・セルと呼ばれます。ゲランドやノワールムティエ島、ポワトゥ・シャラント地方のレ島では、今でも職人さんによって収穫が行われているそうです。

 
e0187903_20442985.jpg


春の野草とワカサギのフリット

ふきのとうとヨモギ ワカザギをフリットにして ローズマリーのフルルドセルで・・
本来 フリット(ベニエ)はビールなどを生地に入れふんわり揚げますが、今回は薄力粉 片栗粉そしてベーキングパウダーで生地
を作りました。

[PR]

by chezchieko | 2012-03-19 20:53 | Comments(0)
塚原産 朝掘りたけのこ
店頭で見つけました。まだ泥が乾いていない新鮮なものです。
早速 焼き野菜に・・


e0187903_21474892.jpg


野菜はたけのこやつまみ菜 紫人参 安納芋など・・
そら豆はさやごと焼いて取り出すととっても甘く仕上がります。

お塩(海の果実)とオリーブオイルで・・

※ほぼ食べ終わった状態での撮影になりました。ほとんどお野菜がなくごめんなさい。

[PR]

by chezchieko | 2012-03-17 21:57 | Comments(0)
Tarte aux apricots
e0187903_2313968.jpg

信州で購入した杏で作ったタルトです。
私の母はお菓子を作らなかった人ですので、私はお菓子を T.Y先生に習いました。
先生は大変熱心で手とり足とりお菓子の基本や科学を教えて下さいました。
このタルトは私にとってはおふくろの味です。

※掲載に関して先生に了承を得ておりませんので、お名前は控えさせて頂きます。

[PR]

by chezchieko | 2012-03-14 23:04 | Comments(0)
BUNACO
e0187903_23225787.jpg


ブナコとは 青森県のブナの木をテープ状にカットしてまきつけた製品で食器以外にもランプシェードなど居住空間を素敵にレイアウトしてくれます。全て手作りだそうです。
このブナコ パリの人気スポット セレクトショップ「Merci」でも見つけました。
今回 使用しましたものはボール。耐水コーティングされているので、どのようなお料理にも使うことができます。

いんげん豆とほたるいかのサラダ

信州から帰って来ました。信州に行くと必ず購入するものは、豆類とドライフルーツ。
豆類は種類が多いので、色々買って一気に茹でて、使いきれなかったものは小分けにし、茹で汁ごと
冷凍いたします。サラダに入れたり、スープにしたり、用途はたくさんあります。
ドライフルーツはお菓子に入れたりコンポートにしたりします。

[PR]

by chezchieko | 2012-03-10 23:24 | Comments(0)
発酵食品 塩麹

e0187903_16265584.jpg


塩麹鶏とじゃがいものローズマリー風味

塩と生麹をよくほぐしながら混ぜ ひたひたの水を入れ一日一度、一週間混ぜると塩麹が出来上がります。その塩麹(材料の重さの10%量)とにんにく、オリーブオイル、ローズマリーで2日間マリネしたものをソテー致しました。じゃがいもは今回は”インカのめざめ”軽く下茹したものにアセゾネをしてローズマリー オリーブオイルを回しかけたものを一緒にオーブンに入れました。

鶏をソテーする時のお約束ですが・・
 皮目からじっくり、皮によい焼き色がつくまで焼いたら裏返し、180℃のオーブンで10分焼くと外はカリカリ 中はジューシーな鶏のソテーが出来上がります。
オーブンに入れられるフライパンがあれば便利ですね。

[PR]

by chezchieko | 2012-03-09 16:22 | Comments(2)
発酵食品 酒粕
e0187903_2318249.jpg


酒粕のカトルカール

最近、身体に良いと発酵食品が人気ですね。発酵食品は栄養価も高い上、病気の予防にもなり、お通じもスムーズでお肌もツルツル。女性には特に嬉しい食材です。そのうちの一つ、酒粕を使ったカトルカールです。酒粕の代わりにお味噌を使っても美味しくできます。
すぐに使えるバターがボルディエしかなく、かなり贅沢なカトルカールになりましたが・・

[PR]

by chezchieko | 2012-03-07 23:27 | Comments(0)