京都でフランス家庭料理を主宰しております。
by chezchieko
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
お気に入り
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
検索
タグ
最新の記事
ポットラック
at 2017-06-07 17:53
ひよこ豆
at 2017-04-14 17:28
柑橘系
at 2017-04-08 21:38
乳酸キャベツ
at 2017-01-23 18:35
Bonne année 20..
at 2017-01-02 21:44
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

バスク人と日本人
アルベニスというスペイン カタルーニャ出身の作曲家 のちにフランス領バスクに移る。
アルベニスの作風は民族的要素が多く含まれています。
私がバスクという国を知ったのは 食文化からではなく音楽でした。
e0187903_11445578.jpg


フランスでお世話になっている友人ファミリーが一時帰国していました。
友人の御主人はバスクの方です。お話の中で バスク人は日本人とよく似ているという話がでました。どちらも頑固だと言うのです。意外な発想にみんな興味深々♪ 結果、同じ頑固でも 双方の表現の仕方 が違うのではないかという風に思いました。

でも、そうですね・・考えると バスクはフランス スペインと両方の顔を持ちながらも実は どちらの国にも属さない独自のアイデンティティーを持っているところが 島国の日本と気質的に類なるものがあるのかもしれません。

e0187903_1152219.jpg


鶏肉のバスケーズ
鶏肉に生ハムを巻き ソテーする傍ら、キャセロールににんにくとタマネギのみじん切りを入れ よく炒める。
鶏肉に焼き色がついたら 白ワインを入れアルコール分を飛ばし キャセロールの中に加える。(このときのフライパンに残ったうまみは少量の水でこげそってキャセロールに入れる。7分目まで トマト缶 もしくはフレッシュトマトの潰したものを入れ ひたひたまで鶏のフォンを入れ10分煮込んだのち 細切りにした赤 黄パプリカを覆うように入れ、そこからさらに10分煮込む。アセゾネ ピマンデスペレットを入れて仕上げる。
※ピマンデスペレットのない場合は 少量のチリパウダーを加える。

バスクのピマン(トウガラシのような形をしたパプリカのようなもの)やピマンデスペレット(あまり辛くないエスペレット村のトウガラシパウダー)を使ったバスク料理です。

[PR]

by chezchieko | 2012-08-27 11:57 | Comments(0)
食べるジュース

e0187903_20152128.jpg


年々 トマトの収穫期が早まり、お盆の時期には地のトマトがなくなります。今の時期のトマトは大変熟していて美味しいのですが、はち切れているものも多く 数日、冷蔵庫に入れていると はち切れたところから腐敗して来るので できるだけ早く消費しなければなりません。間に合わず熟しすぎたトマトは湯むきしてトマトソースにしますが、ソースにする場合、湯むきした後に手でぐちゃぐちゃとあらかじめ潰します。潰したところで のどが渇いていたので一口、つまみ食いをしてみると とっても美味しく ソースにするのを止めました。

トマトサラダのジュース
 湯むきしたトマトを手で大まかに潰したところに 白バルサミコヴィネガー 塩  仕上げに少々のオリーブオイルをかけます。 お好みでこしょうを・・ ジュースより食感があり サラダよりたくさん食べられます。

[PR]

by chezchieko | 2012-08-22 20:23 | Comments(0)
蚤の市
e0187903_16371142.jpg

パリに行くと 必ず蚤の市を訪れます。ゆっくり歩いて気に入ったものが見つかると行ったり来たりして迷いながら時間を過ごします。
京都でも蚤の市は月一回、北野天満宮や東寺などでも行われていますが、
その中でも 私が必ず訪れるのは五条坂の陶器市。陶器市はもっとも暑い8月の初旬に行われますが、
代々、この暑い陶器市を涼しく過ごすコツがあります。陶器市は夜11時までしていますので、最終日の日が暮れたくらいの時間から のこのこと現れ、もう仕舞い始めているお店をよそに、残り福をじっくり選びます。最終日ですから お値段の交渉も快くしてくれます。私の、夏一大イベントです。

陶器市を西に過ぎたところのギャラリーで購入した器です。

水ナスと桃のサラダ
水ナスはスライスしたらすぐに桃とバジル、オリーブオイル レモン 塩 こしょうで味を調えます。
水ナスは縦に大ぶりに切ると食感が良く、桃の甘みが少なければバルサミコヴィネガーを使用してもよいと思います。

[PR]

by chezchieko | 2012-08-18 16:42 | Comments(4)
Ras El Hanout /ラ エル アヌゥ
e0187903_13123264.jpg

マレのイズラエルで、クスクスをしたいのだけれども・・?と、お尋ねしたら こちらのエピスを出して下さいました。ラ エル アヌゥは北アフリカのエピスで、コリアンダー ターメリック クミン パプリカ 生姜などなど色々なエピスが混ぜられています。お持ちでない方は クミンとパプリカでもよいと思います。
北アフリカからの移民も多いフランスでは このようなお料理を食べさせてくれるお店が多く、デリとしても売られています。
e0187903_13131547.jpg

ソーセージと夏野菜のクスクス
メルゲーズという羊肉のソーセージを使用しています。スムールやアリッサを添えて、コリアンダーやミントの入ったサラダとともに頂きます。

[PR]

by chezchieko | 2012-08-15 13:16 | Comments(2)
メンテナンス
e0187903_973935.jpg

しばしば 教室でも登場しておりますバカラのオールドグラスですが、ある日 生徒さんに「先生、かけておりますよ。」と、声をかけて頂きました。気になって 他のグラスも点検してみると ほとんどのグラスに小さいかけが見つかり、茫然としてしまいました。
丁寧に洗い、しまっていても どことなくかけてしまいます。
自分の足で歩き 出会い 手に取り 気に入ったものを購入しておりますので 愛着がありどうしても処分ができず 閉まったままになっておりましたところ、夷川通りにガラスの修理をしてくださるお店を見つけました。もとの姿に戻って帰ってくるので感激です。器もグラスも 時にはじっくり眺めて早めにメンテナンスする必要がありますね。

トマトのブランマンジェ
湯むきしたトマトをグレンダーにかけホワイトバルサミコを隠し味に入れ 味を調えて、ゼラチンで固めます。
アボカドのムースを添えて・・

e0187903_9252569.jpg

このガラスプレートも一枚、かけが見つかりました。

賀茂ナスのイスマイル パエルディ風
イスマイルやバエルディとは イスラム教の導師の名前で トルコ料理です。
オイルフォンデュした茄子とトマトソースを合わせ その上にエマンセしたトマト タイムとチーズをたっぷりかけてオーブンで焼きます。
[PR]

by chezchieko | 2012-08-08 09:27 | Comments(0)