京都でフランス家庭料理を主宰しております。
by chezchieko
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
お気に入り
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
検索
タグ
最新の記事
ショコラの日
at 2018-02-14 20:18
Je vous souhai..
at 2018-01-01 14:05
Bonne fête
at 2017-12-25 19:30
ヌーボー解禁
at 2017-11-17 23:45
ファイヤービーン
at 2017-09-25 22:49
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
5月の教室

e0187903_12213090.jpg

5月の教室は 他国の影響を受けてフランス料理になっているお料理を紹介させて頂きました。フランスは多民族国家であることの象徴です。


Entrées ホワイトアスパラガスのポシェ マルテーズソース
e0187903_12215575.jpg

マルテーズソースとは、オレンジ風味のオランデーズソースのことで、イタリアのマルタ島がブラッドオレンジの産地であることからオレンジを使ったソースをマルテーズソースと言います。オレンジのさわやかな風味を楽しんでいただけたでしょうか?フランスのビストロではオランデーズソースがアスパラにどっさり乗っております。実は大変ダイナミックなお料理です。


Plats  クレオール風鶏のカレー煮込み
e0187903_12223355.jpg

クレオールとは植民地で生まれたヨーロッパ人のことで このお料理はフランス領であるアンティユ諸島で生まれた料理。アンティユ諸島とはカリブ海に点在する島。ヨーロッパ大陸からほど遠い地にフランスの領土を持ち、ヨーロッパ文化を伝えたと言われています。
このお料理はパリのビストロ「クーポール」の定番料理です。もちろん鶏ではなく仔羊で料理されています。
あらかじめ作ってある野菜のギリシャ風マリネとともに出させて頂きました。

※大変申し訳ありませんが 5月前半のおクラスの方々にはギリシャ風マリネを添えることができませんでしたので 6月の教室の際に マリネ レシピ等をお渡しさせて頂きたいと思いますのでご了承くださいませ。
※また、教室にお越しになられた方で野菜のギリシャ風マリネのレシピをご希望の方はお申し付け下さい。


Desserts リンツァータルト
e0187903_122322.jpg

フランボワーズとスパイスの効いた生地で簡単に作れるタルトです。サブレのような感覚で手で取ってお召し上がり頂けます。フランスの家庭では大変簡単なのでよく作られており、ご馳走になったことがあります。
もともとはオーストリアのリンツァー地方のお菓子で フランスではドイツの国境近いアルザス地方でよく作られております。


フロマージュ(ル トゥリオレ)
e0187903_12314264.jpg

牛 羊 山羊の混合 白カビのフロマージュでオーベルニュ地方のもの。大変食べやすく3者の特徴をうまく出せているフロマージュでした。シャンパーニュ地方のシャンパーニュを煮詰めたジュレとともに・・
[PR]

by chezchieko | 2011-06-04 12:26 | Comments(2)
Commented by Sari at 2011-06-07 17:49 x
お野菜たっぷりのお料理。とても美味しそうです。テーブルも器も素敵!!私も一度お稽古参加させて頂きたいです。ギリシャ風マリネとはどんなお味なのでしょうか・・・今度お会いしたときぜひお教え下さいませ。
Commented by chezchieko at 2011-06-13 22:16
Sariさん コメント有難うございました。ギリシャ風マリネ、コルドンで習いましたよ~^^私は習ったものをアレンジしてお出ししています♪是非もう一度 ノートを見直して下さいませ☆
<< 野菜の力 ブイヨンドレギュームをとる スズラン >>