京都でフランス家庭料理を主宰しております。
by chezchieko
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
お気に入り
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
検索
タグ
最新の記事
食材には優しく
at 2018-10-24 15:48
失敗したお料理
at 2018-10-19 19:25
新緑の季節
at 2018-05-28 20:33
ショコラの日
at 2018-02-14 20:18
Je vous souhai..
at 2018-01-01 14:05
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
食材には優しく
週末に丹波へ行ってまいりました。
黒豆の枝豆やキノコ 丹波栗を調達、
早速、お料理に取りかかりました。
キノコは ほぼ、水分でできていますので
ソテーの仕方次第では 水っぽく仕上がってしまいます。
実は私は炒め物が苦手で、ジャンル問わず、
食卓に炒め物がのぼることは ほぼありません。
水っぽくなることがとても嫌いなのです。
そのような話をしていると 友人が水っぽくならない
料理法があると言うのです。
お尋ねすると、フライパンの底に当たらないほどの弱火でソテーし続けるのだそうで、味付けは1番最後 たまにひっくり返すのみで ひたすら弱火で10分間。
その間に他のお料理の支度にかかれますし、これは良いことを聞いたと実践してみると 驚くばかりの私好みの仕上がりになり 水っぽくなることはありませんでした。
特にキノコには有効であると思います。
食材は 火を入れられたことに気づかず
調理されるのなら 嬉しいことです。
人間も同じく急激な温度差で体調を崩したりアレルギー反応が起こったりするのと同じ原理かもしれません。
この調理法が全てだとは思いませんが 1つ知っていると
1度に数種類のお料理をする時に便利かと思われます。

丹波キノコ色々のパイ仕立て
ベーコンの香るブールブランソース

e0187903_16015020.jpeg
パイをザクザクっと崩してきのこと一緒にいただくのが私流です。

丹波栗も一緒にソテーするつもりが忘れました。歳のせいか忘れっぽくて困ります。 笑

[PR]

by chezchieko | 2018-10-24 15:48 | Comments(0)
失敗したお料理 >>