京都でフランス家庭料理を主宰しております。
by chezchieko
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
お気に入り
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
検索
タグ
最新の記事
新緑の季節
at 2018-05-28 20:33
ショコラの日
at 2018-02-14 20:18
Je vous souhai..
at 2018-01-01 14:05
Bonne fête
at 2017-12-25 19:30
ヌーボー解禁
at 2017-11-17 23:45
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
暑中お見舞い申し上げます
 暦の上では大暑を過ぎましたが 夏はまだまだ本番ですね。
しかし 日の出も少しずつ遅くなり 夏野菜の皮も硬くなり始め然界は少しずつ秋の準備をしているようです。

夏にぴったりの桃を使った一品
教室でも一緒にお作りしましたが 今回はミントの風味を生かして 生クリームを使わずに仕上げています。
スープですから 砂糖も使用せず 甘味は塩で・・
e0187903_23173792.jpg

桃のスープ ミント風味
牛乳にスペアミントを加えて 沸騰直前まで温め 火を消して蓋をして10分アンフュゼしたものを濾しヨーグルト 冷やした桃とともにミキサーにかけます。ほんの少しの塩で味を調えることで甘味を増します。
角切りに切った桃の果肉を添えて・・
変色しやすい桃は一度冷凍して使用すると変色しにくくより冷たいスープを頂くことができます。
牛乳にアンフュゼする場合 前日より牛乳にスペアミントを加えて冷蔵庫で水出ししてもよいでしょう。
[PR]

# by chezchieko | 2015-07-30 23:20 | Comments(0)
ムニエル
すっかりご無沙汰いたしておりますが 皆様 お変わりありませんか?
暫くぶりに更新させて頂くのですが 今回はトラディショナルな一皿といたしましょう。

e0187903_23311067.jpg


ムニエルとは フランス料理の技法のひとつで ソテーやポワレとは違い、小麦粉をつけて
バターで焼く料理のことで バターを加えるとぶくぶくと泡が立ち その間にアロゼといって
魚に温かいバターをかけながらパリッと表面を仕上げていきます。
アロゼとはフランス語では花に水を上げる時にも使う言葉で 水を浴びさせるように バターをこまめに
かけてあげます。
いんげんのバターソテーは フランスではポピュラーなものでスーパーに行くといんげんの缶詰なるものも
販売されており ビストロでは立派な一品としてメニューに載っております。私も大好きな一皿です。

平目のムニエル いんげんのバターソテー添え
平目の切り身には塩こしょうをして 片面のみに小麦粉を薄くつけ 小麦粉をつけた面からオリーブオイルで焼き始め すぐにバターを加え泡立ってくると同時に十分にアロゼし 周囲が白く火が入り出したら
裏返しアロゼを続けレモン汁 パセリを加え火を止め余熱で火を通す。
[PR]

# by chezchieko | 2015-06-30 23:32 | Comments(0)
ふきのとう
桜の開花が待ち遠しい季節になりました。
皆様 いかがお過ごしでしょうか?

魚の鱗に見立てたこのお料理はフランス料理の巨匠ポールボキューズのスペシャリテです。
今でもリヨンのレストランに行くと頂くことができます。
ポールボキューズでは 濃厚なソースで仕上げられていますが 今が旬のふきのとうを使ったソースそ添えてみました。
フランスでよく使われている白身魚ヒメジの代わりにイトヨリを使っています。

イトヨリのポアレ じゃがいものクルスティヤン
e0187903_11585032.jpg

薄くスライスしたじゃがいもを丸型で抜きブールクラリフェ(澄ましバター)にくぐらせて 塩こしょうしたイトヨリの皮目の側の尾の方から鱗のように並べていきます。バターが糊代わりになるので 少し落ち着かせたら ジャガイモの部分からブールクラリフェで焼きます。
ふきのとうソースは 茹でて 水にさらしたふきのとうをピュレにしてオリーブオイル 塩 こしょうで味を調え、
オレンジソースは エシャロットのみじん切りを白ワインで煮詰め オレンジジュースを加え さらに煮詰め越したものにバターモンテ 塩 こしょうをしました。
ブールブランソースも少し添えて 3種類のソースで頂きます。
じゃがいもが香ばしくて 苦みや甘味 酸味のあるソースが引きたててくれます。
[PR]

# by chezchieko | 2015-03-24 12:01 | Comments(4)
Saint-Valentin
 
素敵なバレンタインをお過ごしください。

e0187903_11444451.jpg


テリーヌ オゥ ショコラ
卵白もゆるめにたてて オーブンも低温で湯煎しながら作るショコラです。粉もできるだけ少なくして
カカオ本来の味を楽しむことができます。80パーセントのクーベルチュールを使用してみました。
今 流行りのスコッチウイスキーにも合うのではないでしょうか・・
[PR]

# by chezchieko | 2015-02-14 11:41 | Comments(0)
Bonne année
e0187903_1154591.jpg

今年一年 心豊かな食卓が囲めますことをお祈り申し上げます。
[PR]

# by chezchieko | 2015-01-01 11:54 | Comments(2)
静かな聖夜
 今年は家族で静かに。
e0187903_1142968.jpg

ノエルを・・
e0187903_10561014.jpg

鶏のロースト
たくさんのハーブやにんにくを詰めて ミルポワとともにローストし 取り出したローストされたミルポワと鶏のジュは白ワインとともに煮詰め バターモンテをしてソースにする。
e0187903_1057221.jpg

白身魚の香草パン粉グリル
じゃがいもやトマト 白身魚をマリネしておき ケイパー オリーブとともに耐熱皿に並べ 香草パン粉やハーブとともにグリルする。
e0187903_1104124.jpg

フォアグラのソテー セロリアックとりんごのタタン添え
ダイス状に切りそろえたセロリアックをレモン汁 水 塩 こしょう バターを加え柔らかくなるまで火通しし 同じ大きさに切ったりんご スライスりんごを準備して 双方 キャラメリゼしバターをくわえたところで柔らかくなるまでソテーし添える。 フォアグラは塩 こしょうして強火で両面 さっとソテー。 上にはゲランドの塩をお忘れなく・・
e0187903_10574386.jpg

フォレノワール
グラニュー糖とキルシュでマリネしておいたブラックチェリーに火を入れる。
お酒はブランデーや赤ワインでも・・  ショコラアイスとともに・・
e0187903_10585855.jpg

スノーボール
e0187903_10592964.jpg


皆様 素敵なノエル そしてよいお年をお迎え下さい。

一年間お付き合い頂き 有難うございました。

                                     chiezchieko
[PR]

# by chezchieko | 2014-12-25 11:06 | Comments(0)
初雪
朝起きると雪が積もっていました。
e0187903_15203476.jpg

こんな日は薪ストーブの上でコトコト煮込む料理が一番ですね。
フランスではビストロや家庭でよく作られるお料理です。
ボンファムとは お料理上手な奥様 簡単に言えば おばさん風 笑
e0187903_1520916.jpg

豚肉のボンファム風
焼き色をつけた豚肉と野菜を白ワインとひたひたの水で煮込む料理。だんろの火が美味しく仕上げてくれます。
[PR]

# by chezchieko | 2014-12-19 15:21 | Comments(0)
生プルーン
 初秋の頃から 生プルーンが出始めます。最近は国産のものも入手しやすくなりましたね。長野県や青森県が主な産地です。

フランス北西部 ブルターニュの地方菓子 ファーブルトン。ブルトンとはブルターニュ人のことで ファーとはお粥の意味です。お粥とあって ファーブルトンはケイクでもなくプリンやフランでもないもちっとした食感。
耐熱皿ひとつで簡単に作れるので よく作られるデザートのひとつです。
e0187903_17191667.jpg

プルーンのファーブルトン
パリのマダムから教わったレシピはドライプルーンを温かな紅茶で戻して作るものでしたが 
今回は生プルーンを赤ワインでコンポートにしたものを使用いたしました。
[PR]

# by chezchieko | 2014-10-11 17:22 | Comments(0)
初秋の煮込み料理
 あっという間に夏が過ぎてしまい 温かい料理も美味しく感じる季節になりました。
本来 煮込み料理といえば 寒い冬の料理。フランスの田舎へいくと薪ストーブやだんろの傍に煮込み鍋を置いて 翌朝までゆっくり火をとおし出来上がるお料理でもありますが フランス人はよく煮込み料理をするイメージがあります。星付きレストランの洗練されたお料理もフランス料理ではありますが フランスの家庭料理の定番は煮込み料理にあります。

こちらの煮込み料理は フランス北東部 アルザス地方のお料理で ワインではなくビールを使って牛肉を煮込みます。アルザスはドイツに近いこともありビールの消費量がフランスの中でも多い地方です。
まだまだビールが恋しい今の時期 ビールとともにさっぱりと味わえる美味しいお料理です。
e0187903_1692319.jpg

牛肉のビール煮
教室でお稽古した時はフォンドボーを使用しましたが 今回はビールのみ使用しており、
コクを出すために 玉ねぎを飴色になるまで炒めます。ほろ苦い仕上がりになりますが 隠し味に黒いお砂糖をほんの少々加えると 味が落ち着きます。
[PR]

# by chezchieko | 2014-10-06 16:10 | Comments(0)
暑中お見舞い申し上げます
 毎日 暑い日が続きますが いかがお過ごしでしょうか?
熱中症などに気をつけて お過ごし下さい。

夏にはぴったりの野菜のテリーヌ 色々な方法で工夫され作られる野菜のテリーヌですが 美しさと反面に 野菜と野菜をつなぐ糊代わりのゼラチンの味を我慢しなければならなため 工夫が必要です。
レストランのように 美味しいコンソメをひいて作るテリーヌは格別に美味しいでしょうが 家庭ではその作業は大変になりますので
今回は トマトをピュレにしてみたところ ラタトゥィユのような大変頂きやすいテリーヌが完成しました。

e0187903_10523587.jpg


野菜のテリーヌ
野菜とトマトのピュレを交互にラップを敷いたテリーヌ型に積み上げて重石をして冷蔵庫で一晩寝かせます。
フレッシュトマトを煮詰めてピュレ状にしたものにゼラチンを溶かして野菜と野菜をくっつける糊代わりにしています。 野菜は蒸したり さっとソテーしてオーブンで蒸し焼きしたり色々で・・
[PR]

# by chezchieko | 2014-08-02 10:59 | Comments(0)